フジテレビ開局50周年記念ドラマ『ありふれた奇跡』制作発表

投稿日: 2009年05月22日 00:00 JST

関連キーワード


 フジテレビ開局50周年記念ドラマ『ありふれた奇跡』の制作発表が23日、都内で行われ、12年ぶりに連続ドラマの脚本を務める山田太一氏(74)が出席し「連ドラはもう書かないと思う」と明かした。主演の仲間由紀恵(29)演じる一見、明るく見えるが家族にも言えない心の傷を抱えている女性が、偶然知り合った加瀬亮(34)演じる男性に、自分と同じにおいを感じ、次第にひかれていくラブストーリー。同じく50周年記念ドラマで、18日に最終回を迎えた『風のガーデン』を手掛けた倉本聰氏(73)も「連ドラはこれで最後。体力的なものもあるし、テレビへの絶望もある」と語っており、巨匠の集大成が続く形となった。
<br />
(撮影・鈴木高宇)

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“韓国で最も有名な日本人”KangNam「日本と韓国の架け橋に!」2018.04.17

今回のK☆STAR LOVERSのゲストは、“韓国で最も有名な日本人”として日本のバラエティ番組でも活躍する歌手KangNam(カンナム・31)。 この日は、ネプチューンの名倉潤と、河本準一(次長課...


ランキング