盲目のピアニスト辻井伸行さんを開花させた愛の放任教育法

投稿日: 2009年06月16日 00:00 JST

日本人として初めて、4年に1度の米バン・クライバーン国際ピアノコンクール優勝という快挙を成し遂げた、全盲のピアニト・辻井伸行さん(20)。目が見えないため、課題曲も耳で聞いて暗記しなければならなかった伸行さん。そばにいながらも“愛の放任主義”が、母・いつ子さん流だ。常に前向きで明るく天真爛漫に育て、天才を開花させた“いつ子さん流”とはどんなものなのか。本誌特別取材班の渾身のレポートです。

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

俳優の実力見せたB1A4ジニョン 今後の活動について激白2018.01.30

今回のK☆STAR LOVERSのゲストは、ソロでは初登場となるB1A4のジニョン。日本の地上波でも放送され、話題を呼んだドラマ『雲が描いた月明り』で時代劇に初挑戦。最旬スター、パク・ボゴムが演じる王...


ランキング