盲目のピアニスト辻井伸行さんを開花させた愛の放任教育法

投稿日: 2009年06月16日 00:00 JST

日本人として初めて、4年に1度の米バン・クライバーン国際ピアノコンクール優勝という快挙を成し遂げた、全盲のピアニト・辻井伸行さん(20)。目が見えないため、課題曲も耳で聞いて暗記しなければならなかった伸行さん。そばにいながらも“愛の放任主義”が、母・いつ子さん流だ。常に前向きで明るく天真爛漫に育て、天才を開花させた“いつ子さん流”とはどんなものなのか。本誌特別取材班の渾身のレポートです。

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング