仏ドキュメンタリー映画『オーシャンズ』日本語版完成披露試写会

投稿日: 2010年01月19日 00:00 JST

仏ドキュメンタリー映画『オーシャンズ』の日本語版完成披露試写会が12日、東京都内で行われ、ナレーションを務めた女優の宮沢りえ(36)が舞台挨拶を行った。『オーシャンズ』は、製作費70億円、撮影期間4年、ロケは世界50カ所、撮影70回という驚異的なスケールで製作された“海のドキュメンタリー”。最新技術を結集して100種以上の海洋生物を撮影し、迫力ある映像の集大成となっている。「セイウチの親子のシーンがお気に入り。慈愛にあふれていて言葉に表せないくらいステキ」と感動を語った宮沢。昨年女児を出産し母となったが、「昨年は出産とか今までにないことがスタートした年。ママになって穏やかな気持ちになった反動からか、今年は仕事に関しては安定を求めず、挑戦の気持ちを忘れず躍動の年にしたいと思っています」と抱負を語った。また、歌手の平原綾香(25)と藤澤ノリマサ(26)が日本語版テーマ曲『Sailing my life』を披露。藤澤が「海の穏やかで力強いイメージが、ぴったりだと思って選んだ」というベートーベンの『悲愴』を元にした美しい曲に会場は観客たちは聞き惚れていた。(撮影:加治屋誠)

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング