四季劇場[夏]杮落とし公演 『美女と野獣』製作発表会見

投稿日: 2010年02月16日 00:00 JST

15日、帝国ホテル(東京都千代田区)にて、2010年7月にオープンする四季劇場[夏](品川区・大井町)の杮落とし公演ミュージカル『美女と野獣』の製作発表会が行われた。同作の東京公演は、日本初演(1995年~1998年)以来2度目、実に15年ぶりの開幕となる。

四季劇場[夏]は、首都圏で6館目となる劇団四季専用劇場。従来と同様、「舞台と客席に一体感がある、濃密な空間」をコンセプトとして、今夏7月、大井町駅隣接の品川区有地内(旧・駐車場)に新設される。この新劇場のグランドオープンにふさわしい上演作品として、絶えず再演リクエストの多い、ディズニーミュージカルの超大作『美女と野獣』が選ばれた。『美女と野獣』は、エンターテイメント業界の雄 ディズニーが、演劇ビジネスに初進出した作品。迫力の舞台装置、豪華絢爛な衣裳とめくるめくイリュージョン、そして流麗なメロディーの数々・・・、同名アニメーションを忠実に再現した舞台は、ディズニー作品ならではの魅力に溢れている。

また、この公演より、劇団四季の新しいチケットレスサービス「劇団四季スマートチケット」(仮称)が試験導入されることも発表された。これはウェブ時代に対応した新システム「劇団四季ウェブプラン2010」のスタートに伴い開始されるもので、このシステムが始動することにより、一層様々なサービスを提供することができるようになる。

この日の製作発表会には、劇団四季代表 浅利慶太、ビースト役・佐野正幸、ベル役・坂本 里咲の3名が登壇。浅利氏は、「四季劇場[夏]のこけら落としの作品は、新しい劇場に相応しい、華々しく話題性のあるものにしたいと考えていた。そこで東京での再演を望む声も多い『美女と野獣』を選んだ。この作品はディズニーが初めて作ったミュージカルで、世代を問わず誰の心にも残る美しい作品だ。また劇団四季とディズニーの初の提携作品でもあり、以後両者の関係は更に充実し、12年のロングランが続く『ライオンキング』そして『アイーダ』につながっている。初演から15年経ちキャストの層も充実し、四季の中でも大変練り込まれた完成度の高い作品となった。いま四季の持っている力を最大限投入し、スケールアップした品質を皆様にお見せしたい。また、この四季劇場[夏]より導入する新しいシステムで、さらに充実したサービスをお客様に提供できることになる点にもご注目いただきたい」と話、またビースト役の佐野正幸氏は「この作品には、1997年よりビースト役として出演しておりますが、13年経っても日々新しい発見があり、とても奥の深いミュージカルだと感じております。ビーストはベルに出会い、人を愛する心を取り戻していく程こそが物語の柱だと思います。この作品を通して人として大切な愛する心を伝えていきたいです。また、舞台や衣裳など細部までこだわり作られており、何度ご覧頂いても新鮮な驚きがあると思います。四季劇場[夏]の柿落とし公演に出演できるのは、大変光栄なことだと思います。より新鮮な気持ちで望みたいと思います」と意気込みを語った。

来場した200名ほどの報道関係者からは、積極的な質問が相次ぎ、公演への期待の大きさを伺わせた。

ミュージカル『美女と野獣』は、7月中旬から、東京・四季劇場[夏](品川区・広町)で開幕。

ミュージカル 『美女と野獣』 東京公演概要
◇公演日程 :2010年 7月中旬 開幕
◇会  場 :四季劇場[夏] 東京都品川区広町2丁目3725番2
◇料金(税込):S席/9,800円 A席/8,000円 B席/6,000円 C席/3,000円
       ファミリーゾーンS席子ど/5,000円 A席子ども/4,000円
       ※子ども=3歳以上、小学校6年生以下
◇発売日程:2010年5月23日(日)一般発売開始(予定)
       ※「四季の会」先行予約 5月16日(日)
◇予約方法:☆インターネット予約 
       SHIKI ON-LINE TICKET(24時間受付)http://489444.com
      ☆電話予約 0120-489444 劇団四季予約センター(午前10時~午後8時)
◇お問合せ:  劇団四季東京公演本部 03-5776-6730

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

パク・ボゴム スターダム駆け上がった”アノ時代劇”の舞台裏2017.12.12

今回のK☆STAR LOVERSは、パク・ボゴム(24)のインタビューの後編をお届け! 主演ドラマ『雲が描いた月明り』の撮影中のエピソードをたっぷりと、また、同作で劇中歌を披露したことにちなみ、今後...


ランキング