涙の闘病と絶望感を乗り越えて…仁科亜希子「子宮頚がん全摘」19年目のリベンジ宣言

投稿日: 2010年03月09日 00:00 JST

 「子宮頸がん予防ワクチンに公費助成を!」3月2日発足した団体の発起人に就任した仁科亜季子。18年前、この病に倒れ時給を全摘出した彼女の思いは「子宮頸がんに苦しむ女性を増やしたくない!」。それは娘を持つ母親としての“悲願”でもあった――。女性としての絶望感を乗り越えた彼女の勇気ある言葉は本誌にて!

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング