涙の闘病と絶望感を乗り越えて…仁科亜希子「子宮頚がん全摘」19年目のリベンジ宣言

投稿日: 2010年03月09日 00:00 JST

 「子宮頸がん予防ワクチンに公費助成を!」3月2日発足した団体の発起人に就任した仁科亜季子。18年前、この病に倒れ時給を全摘出した彼女の思いは「子宮頸がんに苦しむ女性を増やしたくない!」。それは娘を持つ母親としての“悲願”でもあった――。女性としての絶望感を乗り越えた彼女の勇気ある言葉は本誌にて!

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング