昨年の6月…」突然の休載― 『NANA』矢沢あい独占告白「闘病生活10ヵ月」「恋人の献身」

投稿日: 2010年04月20日 00:00 JST

関連キーワード

花冷えが厳しかった4月上旬、東京都心の大病院前でタクシーを降りる女性に目が止まった。辛そうな様子でタクシーを降り、やっとといった感じで歩いている。かなり体調が悪そうな女性は超人気マンガ『NANA』の作者・矢沢あいさん(43)だ。矢沢さんがコミック21巻で、累計5千万部の驚異の売り上げを記録している『NANA』を突然、休載したのは昨年6月のこと。『Cookie』(集英社)の誌面およびHPで発表された休載理由は、矢沢さんの急病だった。本誌は、帰宅途中の矢沢さんを直撃取材。高校生でマンガ家デビューを果たした矢沢さんが25年間の執筆活動で酷使した体は今?そして支え続けた同居恋人は?闘病10カ月の真実に初めて迫ります。本誌必見!

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“韓国で最も有名な日本人”KangNam「日本と韓国の架け橋に!」2018.04.17

今回のK☆STAR LOVERSのゲストは、“韓国で最も有名な日本人”として日本のバラエティ番組でも活躍する歌手KangNam(カンナム・31)。 この日は、ネプチューンの名倉潤と、河本準一(次長課...


ランキング