「悪魔の堕胎点滴」イケメン医師 32歳“不倫愛人”胎児と暮らした「16カ月の修羅」

投稿日: 2010年05月25日 00:00 JST

関連キーワード

32歳の交際女性を流産させるため、子宮収縮剤を投与、陣痛促進剤を点滴した小林達之助容疑者。だが、彼女が「悪魔の点滴」を受けた日からたった10日ほどで、小林容疑者は別の女性と入籍していたのだ。その後もだまされ続けてきた被害女性は、彼との間に生まれるはずだった胎児の遺体をなぜ保管し続けたのか……。被害女性の父が語った無念の心中、そして“ドロ沼”愛憎劇の全真相を総力取材!

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“韓国で最も有名な日本人”KangNam「日本と韓国の架け橋に!」2018.04.17

今回のK☆STAR LOVERSのゲストは、“韓国で最も有名な日本人”として日本のバラエティ番組でも活躍する歌手KangNam(カンナム・31)。 この日は、ネプチューンの名倉潤と、河本準一(次長課...


ランキング