映画『弧高のメス』初日舞台挨拶

投稿日: 2010年06月15日 00:00 JST

5日、東京・丸の内TOEIで映画『弧高のメス』の初日舞台挨拶が行われ、俳優の堤真一(45)、吉沢悠(31)、女優の夏川結衣(42)、中越典子(30)、成島出監督(49)が登壇した。同作は、医師で作家の大鐘稔彦(67)の同名小説を映画化した医療ドラマで、臓器移植や地域医療といった現代医療が抱えるさまざまな問題を浮き彫りにしながら、患者と真正面から向き合う医師・鉄彦(堤)の姿を描いた物語。吹き替えなしで手術シーンに挑戦した堤は「ガタガタ足が震えるぐらい緊張しました。とくに最後のオペシーンは、周りを本物の医者に囲まれていたので」と撮影を振り返った。吉沢は「手術シーンにはリアルさが求められていたので、実際の手術を見学させていただきました。休憩中も、糸を結ぶ練習をしていたんですが、やっぱり堤さんが一番練習されていました。骨太な作品に出演できて本当に良かったです」と笑顔を見せた。また、「現場は緊張感が漂っていたんですけど、堤さんと夏川さんがたまに、夫婦漫才のような掛け合いをしていて、見ていて面白かったです」と話し、会場を笑わせた。(撮影:河崎文雄)

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング