X JAPAN YOSHIKI 夢をまた1つ実現「YOSHIKI FOUNDATION」設立

投稿日: 2010年07月06日 00:00 JST

「どんな人でも、どれほど暗い中にいても、夢を持ってほしい。思えば絶対叶うもんだって生きてきましたし、実際に夢を一個ずつ叶えてきました。だから自分を信じて生きてほしい。本当の暗闇はないし、暗闇の中にも一筋の光はあるから」
と、2009年5月に本誌の独占インタビューで、チャリティーへの心情を語ってくれたX JAPANのリーダーYOSHIKI。

YOSHIKIは、7月1日(現時時間20時)米・ロスアンゼルスのダウンタウンにあるCLUB NOKIAで、自らの基金「YOSHIKI FOUNDATION AMERICA」を設立し、そのキックオフパーティーが催された。
 パーティーには、グラミー賞会長のニール・ポートナム氏をはじめ、アメリカの漫画出版社「マーベルコミック」創立者・スタンリー氏もお祝いに駆けつけ、挨拶にたったスタンリー氏は、YOSHIKIとの親交について語り、さらには、YOSHIKIとスタンリー氏の2人によるプロジェクトが進行中であることを披露した。
 これまでにもYOSHIKIは、X JAPANのライブ会場に、遺児の子供たちを招いたり、四川大地震の視察に招かれるなど、チャリティーの基盤を準備していた。
 2009年、自らの自殺遺児だったことを明かしたYOSHIKI。同じ境遇の子供たちや、被災地の子供、難病の子供たちへの支援を目的に、長年の夢だった基金を設立。
「これまで10年以上もチャリティーをしてきて、この度、アメリカと日本で基金を設立することになりました。僕は音楽を通して自分が出来ることをしたい」と語り、
設立にあたって「メークウィッシュオブアメリカ」と「グラミーファウンデーション」それぞれに、YOSHIKI自らが計2万5000ドルを寄付した。
 パーティーではX JAPANのメンバーが勢ぞろい、来場した2000人を超えるアメリカのX ファンの前で、新曲『Born to be free』を初めて披露し、コンサート会場の熱気に包まれた。これはYOSHIKI自らが監督をつとめる新曲のミュージックビデオ撮影のためにおこなわれたもの。
 4回にもわたり『Born to be free』を演奏すると、集まったファンも歌詞を覚えて2000人の大合唱となっていった。
 5月に頚椎椎間板ヘルニアの再手術をしたばかりのYOSHIKI。鮮やかなドラムプレイをファンの前で見せていたが、さすがに「ドラムを叩きすぎて首が痛い」と嬉しい悲鳴を上げていた。

 



この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング