ゲキ×シネ最新作『蛮幽鬼』完成披露試写会

投稿日: 2010年08月03日 00:00 JST

25日、都内で舞台作品を映像化したゲキ×シネ最新作『蛮幽鬼』の完成披露試写会が行われ、俳優の上川隆也(45)と女優の稲森いずみ(38)、早乙女太一(18)が登壇した。同作は、2009年夏に東京と大阪で上演された同舞台を映像化。最新のデジタル技術で舞台とはまた違った迫力、感動が楽しめる。無実の罪で監獄島に幽閉された伊達土門(上川)が10年の歳月を経て脱獄を果たし、濡れ衣を着せたものたちへの復讐へと突き進む姿と、複雑に絡み合う様々な人間模様を描く。上川は「人に対する思いが良くも悪くも真っ直ぐに描かれています。シンプルな心情を直球で演じました」と挨拶。土門へ想いを寄せる妃・美古都を演じた稲森は「稽古中は皆さんに付いていくのに一生懸命で、苦しんだところもありましたが、本番は最後まで楽しかったですね」と撮影を振り返った。早乙女は、上川の印象について「パワーの塊が近くにいる感じ。すれ違うだけでパワーをいただけるような方です」と語ると、上川は「太一は殺陣を1回見ただけで覚えてしまうんです。これは凄い。2人のシーンでは、太一が僕に合わせてくれた。本当にありがとう」と感謝の言葉を送った。(撮影:小山伸正)

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング