『2010神宮外苑花火大会』

投稿日: 2010年08月24日 00:00 JST

19日、東京・国立競技場ステージで日刊スポーツ主催『2010神宮外苑花火大会』の野外ライブが行われ、歌手の近藤真彦(46)と後輩ユニット・テゴマスの手越祐也(22)と増田貴久(24)がステージに登場した。会場には、3万人超の観客が集まり、ライブに熱狂した。近藤は、「俺は日本一の雨男です。今日も怪しい雲が迫ってきましたが、大丈夫。雨は降りません。花火を見るぞ!その前にもう一暴れさせていただきます!」と威勢よく挨拶をし、『ギンギラギンにさりげなく』、『愚か者』など15曲を熱唱した。アンコールには、テゴマスの手越と増田も参加し、『MOTTO』を披露して会場を盛り上げた。近藤は、浴衣姿のテゴマスの2人を見た途端「俺も浴衣で勝負すればよかった…」と羨ましそうに話した。最後に「僕が今年、デビュー30周年を迎えられたのは応援してくれているファンの方々のおかげ。彼らが30周年を迎える時も(自分のファンのように)応援してあげて下さい」と先輩として、後輩を思いやる温かいメッセージを伝えた。

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング