厚生労働省『イクメンプロジェクト』イベント

投稿日: 2010年11月09日 00:00 JST

1日、都内で、厚生労働省『イクメンプロジェクト』のイベントが行われ、育児に積極的に関わる男性『イクメン』として、タレントのつるの剛士(35)、お笑い芸人の土田晃之(38)、スポーツキャスターの荻原次晴(40)、横浜市副市長の山田正人(43)、NPO『ファザーリング・ジャパン』代表理事の安藤哲也(48)が出席した。同プロジェクトは、育児に積極的にかかわる男性たちを増やして豊かな社会につなげようと、厚生労働省が主催した。土田は、妻の入院がきっかけで仕事を休み育児に専念した経験があり、「家族があっての仕事なんで。やったら楽しいこともあって、専業主婦の大変さも分かった」と話し、「経済的には厳しいけど、あいつらの笑顔は金じゃ買えない」と家族の大切さを語った。2カ月間の育児休暇を取ったつるのは、「すごく充実した2カ月間で。子どもたちの弁当を作って、奥さんとランチに行ったり。楽しかった」と振り返った。(撮影:鈴木鍵一)

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング