飯島愛さん 主治医が3回忌の今だから語る「最後の3カ月同居生活」

投稿日: 2010年11月29日 00:00 JST

 08年12月に飯島愛さん(享年36)からもうすぐ丸2年。産婦人科医の赤枝恒雄医師(66)のもとに、飯島さんの実父から「もうすぐ3回忌だけど、愛の笑った写真を持っていない?」と連絡があったという。

 飯島さんは亡くなる1カ月前まで彼の自宅兼仕事場である診療所に住み込んでいた。3カ月間、赤枝医師は精神的に不安定だった飯島さんと同居しサポートしていたのだ。彼女は周りにいつも笑顔を振りまく反面、3~4日間、部屋に閉じこもることもよくあったという。

 最後に会ったのは、2人が性感染症とエイズについての講演会を行った9日後のことだった。夜中に突然やってきた彼女は、何も言わずただベッドの上に座っていたという。そして明け方になると「もう大丈夫だから…」と言って帰っていった。

現在、赤枝医師は日々の医師業に加え、街角女性無料相談や、無料のエイズ検査を行っているという。”エイズを無くしたい”という飯島さんの遺志と最後の3カ月同居生活を本誌で独占告白!

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング