映画『学校をつくろう』完成披露試写会

投稿日: 2010年12月21日 00:00 JST

12日、東京・神田の専修大学で、映画『学校をつくろう』の完成披露試写会が行われ、出演者の三浦貴大(25)、柄本時生(21)、橋本一郎(25)、池上リョヲマ(36)、近衛はな(29)と神山征二郎監督(69)、原作者の志茂田景樹(69)が出席した。同作は、明治維新の動乱期を舞台に、相馬永胤(三浦)をはじめ、旧桑名藩主・松平定教の随従である駒井重格(柄本)、幕臣・旗本出身で米ハーバード大学を卒業した目賀田種太郎(橋本)、日本初の法学博士となった田尻稲次郎(池上)の4人が渡米し、法律と経済を日本語で教える日本初の学校『専修学校』創立に奔走する姿を描く。同作で映画初主演となった三浦は「緊張しかしなかった。主演っぽいことは何もできていない。共演の役者に助けられながら、無事撮影ができた」と振り返った。俳優の三浦友和(58)と元歌手の山口百恵(51)を両親に持つ三浦。両親からは、「確か『頑張れ』と言われた気がする」と話した。最後に、志茂田は「今の若い人たちが観て、将来を考えるきっかけになれば、こんなに嬉しいことはない」とアピールしていた。(撮影:河崎文雄)

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング