おばあちゃんに心を込めて、熱唱!

投稿日: 2011年01月06日 00:00 JST

紅白初出場のシンガー・ソングライターの植村花菜(27)は、亡き祖母との思い出を綴った9分52秒の大作『トイレの神様』をギターの弾き語りで披露した。植村は出場者発表の会見で、「ひと言も切らずに歌わせていただきたい」と要望していた。ギターを持ちながら歌い始める植村。ステージでは照明が時折変化する程度で、特別な演出はない。歌い終わり、舞台裏に戻ると、「ほっとしました。私のおばあちゃんもずっと側で聴いてくれたと思います!トイレはきょうもピッカピカにしてきました」と安心した様子だった。歌いながら時折感極まったような表情を見せ「おばあちゃんがそばにいてくれて、一緒に歌を皆さんに伝えられました」と振り返った。

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング