草彅剛 韓国版「一杯のかけそば」“涙の翻訳”秘話を告白!

投稿日: 2011年02月01日 00:00 JST

関連キーワード

2月4日発売の韓国実話短編集『月の街 山の街』で草彅剛(36)が初の翻訳に挑戦している。「仕事の合間に原作を読んで、嗚咽するほど泣いたこともありました」と振り返る。

原作は、韓国で累計360万部を越えるベストセラー。草彅は原作を約1年前から読み込み、ハードなスケジュールを縫って、こつこつと翻訳していったという。

著書について、草彅は「兄弟愛とか、家族愛とか、忙しいなかでも、ふいに心に入ってくる」作品だという。死んだ義理の父が夢に出てきて危険を知らせる話では「改めて、親孝行をしなきゃいけないって本気で思う」と語った。

「SMAPのメンバーにも読んでもらいたい。照れくさいんだけど、サインとかちょっと添えて、渡そうと思っています」と最後に語った草彅。韓国語を勉強しはじめて10年、
彼の思いが詰まった翻訳秘話と、短編1話を本誌で独占掲載!

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“韓国で最も有名な日本人”KangNam「日本と韓国の架け橋に!」2018.04.17

今回のK☆STAR LOVERSのゲストは、“韓国で最も有名な日本人”として日本のバラエティ番組でも活躍する歌手KangNam(カンナム・31)。 この日は、ネプチューンの名倉潤と、河本準一(次長課...


ランキング