映画『学校をつくろう』初日舞台挨拶

投稿日: 2011年03月01日 00:00 JST

19日、東京・有楽町スバル座で映画『学校をつくろう』の初日舞台挨拶が行われた。舞台挨拶には、三浦貴大(25)、柄本時生(21)、橋本一郎(25)、池上リョヲマ(37)、近衛はな(30)、そして神山征二郎監督(70)が出席した。上映後の観客の表情を見て三浦は「怒った顔の方がいないんで、皆さん楽しんでいただけたのかな」と安堵の表情が見せた。前日18日には日本アカデミー賞授賞式に出席し、出演映画『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』で新人俳優賞を受賞していたので、「授賞式の翌日に舞台あいさつができるというのは、何かを感じます。よく分からないですけど、うれしいです」と嬉しそうに語った。三浦の妻を演じた近衛は「現場で最初に撮ったシーンが結婚指輪をもらうシーンで、異常にドキドキしたのを覚えています」と撮影を振り返った。橋本は、神山監督のもとで「スタッフもまとまりがよくて。最初はどんな恐ろしい現場だろうと思っていたけど、楽しく撮影できました」と現場でのチームワークの良さをアピールした。(撮影:江口明裕)

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング