映画『八日目の蝉』完成会見

投稿日: 2011年03月08日 00:00 JST

28日、東京・恵比寿のウェスティンホテル東京で、スペンス映画『八日目の蝉』の完成会見が行われた。会見には、主演の井上真央(24)をはじめとするキャストの永作博美(40)、小池栄子(30)、森口瑤子(44)、原作者の角田光代(44)、成島出監督(50)が出席した。物語は、不倫相手の赤ん坊を誘拐した女性の逃避行と、誘拐された女の子の成長してからの姿を通して『母性」や『家族』を問う内容となっている。主人公を演じた井上は「日々、壁にぶち当たりながら、苦戦しながら演じさせていただきました。」と役作りは大変だったようだ。撮影を振り返り、「小豆島から東京に逃げたくなる自分も、正直いました」と苦笑いしながら話したが、「愛と生命力にあふれた作品になっています」と胸を張って作品をアピールしていた。出産後初となる映画撮影だったという永作の起用について、成島監督は「永作さんは母になってどんな化学反応を起こすかと思ってオファーしたら、受けていただいた」と語り、永作は「赤ちゃん(との共演)のシーンが多くて、私が多少なりとも子どもの扱いを知っていたことが、この作品にとってよかった」と子育てでの経験が生かされていたようだ。(撮影:柴田悟)

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング