舞台『国民の映画』公開稽古

投稿日: 2011年03月15日 00:00 JST

脚本家で俳優の三谷幸喜氏(49)が、6日から東京・渋谷パルコ劇場で上演される作・演出の舞台『国民の映画』の公開稽古を、5日に同所で行った。舞台は1941年、第二次大戦下のドイツのベルリン郊外の別荘で、ナチスの宣伝大臣のゲッベルスはパーティーで、世界に誇る『国民の映画』のプロデュース構想を明かす。出席者は映画人やナチス高官ら12人。強大な権力と芸術のはざまで揺れ動く、丁々発止の人間模様を描いた一晩の群像劇という内容となっている。ゲッベルスを演じるのは小日向文世(57)、ゲッベルスの妻・マグダを石田ゆり子(41)と三谷演出にはお馴染なキャストが揃う他、今回、親衛隊隊長のハインリヒ・ヒムラー役の段田安則(54)や、三谷のかねてからの熱い要望に応えた映画監督のエミール・ヤニングス役の風間杜夫(61)が初出演している。今回の舞台について三谷は「今回はコメディーではなく、人間ドラマに仕上がった。」と初めて人間ドラマに挑んだということをPRした。また、三谷が小学5年生ごろ、水木しげるの漫画『劇画ヒットラー』を読んで以来、温めてきた作品だったそうで、「構想約40年という壮大な企画です」と自信に満ちていた。(撮影:鈴木鍵一)

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング