『SP 革命編』舞台挨拶

投稿日: 2011年04月05日 00:00 JST

26日、東京・日比谷のTOHOシネマズスカラ座で映画『SP 革命編』が行われた。舞台挨拶には、主演の岡田准一(30)をはじめとする、出演者の堤真一(46)松尾諭(36)、神尾祐(41)、波多野貴文監督(38)が登壇した。公開初日の12日に舞台挨拶が予定されていたが、前日11日に東日本大震災が発生し、2週間延期された。大阪出身で、95年の阪神・淡路大震災で被災した岡田は、「これからは元気が大事になってくると思います。『SP』が少しでも力になれば」と被災地へエールを送った。堤は、「震災にあったことでいろんなことを考えました。それまでの自分たちの生活、東京で暮らすこと、電気をくうこと、忘れがちだった。皆さんも何かを感じてワサワサしていますよね。その感じ、大事だと思います。自分自身の革命のために、この経験を生かしていきましょう」と話した。神尾は、福島県いわき市の実家が福島第1原発の事故で避難生活を強いられていることを告白し、「この瞬間も戦っている方がいる」と被災者を心配していた。同作はこの日で観客動員100万人を突破した。配給の東宝は収益金の一部を寄付することも発表した。(撮影:江口明裕)

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング