福島第一原発 封印されていた「被曝」作業員の「血液がん死」!

投稿日: 2011年04月05日 00:00 JST

「原発の労働者は人間扱いされなかった」福島第一原発で’79年から働いてきた永田利夫さんは、フォトジャーナリストの樋口健二さん(74)にこう語ったという。これまで38年間、原発で働く人たちを取材してきた樋口さんは、本誌に原発現場作業員の実態を語ってくれた。

樋口さんによると、現場の原発労働者の日当は約1万円。東京電力から依頼を受けた元請け会社が下請け、孫請けなどの業者に依頼をしていくため、その間に報酬を抜かれてしまうのだという。彼らが従事させられるのは、放射性廃棄物処理などの過酷な作業だ。

’77年から’82年に福島第一原発で働いていた長尾光明さん(享年82)は、「血液のがん」と言われる多発性骨髄腫を発症した。’04年には被曝が原因だとして労災認定を受けたが、’08年に東京電力を相手に賠償を求めたところ、被曝と病気の因果関係を否定されてしまったのだ。

長尾さんは、勤務時代、年間平均で東電社員の4~5倍の被曝を受けていた。「東電ほか電力会社は今も原発内作業と『血液のがん』との因果関係を認めていません。長尾さんは最後に『東電が責任を認めないことが悔しい』と、失意のまま亡くなったのです」と樋口さんは言う。

樋口さんが語った原発作業員の労働実態と、封印されていた無念の叫びを本誌で全公開!

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング