放射能汚染 現地取材!チェルノブイリに見た25年後の「フクシマ」!

投稿日: 2011年05月31日 00:00 JST

「あの日から私たち家族の生活が180度変わりました。放射能との闘い、チェルノブイリとの闘いがテーマの人生になってしまったんです」そう語るのは、チェルノブイリ事故の元作業員(63)を夫に持つオリガさん(66)だ。

25年前の4月26日。半月の現場任務を終え帰宅した夫は、放射能汚染で別人のようになっていた。「夫は足が悪くなり、心臓も胃も内臓は全部病気を抱えていました」と語るオリガさん。あれから25年。夫婦の半生は、絶えず発症する夫の病気との闘いの日々だった。

現在、チェルノブイリ原発事故が起きた地域には『ゾーン』と呼ばれる居住禁止区域が設けられている。18歳未満は入ることのできないこの区域では、今も高い放射線量が記録され続け、多くの作業員が事後処理に当たっている。

また、事故後、子どもたちには甲状腺がんや多くの疾患が目立つようになった。「放射能による疾患は第2世代、第3世代の子どもたちへと受け継がれています」と語るのは、『ウクライナ被曝予防特別保養所』のヴァデム医師だ。

同センターは毎年2500人の子どもたちを受け入れているが、その数は今も減っていないという。放射能疾患が子どもに受け継がれてしまった母親のレーナさん(31)は「本当にショックでした。この子も同じ苦しむ人生を送るのかと……」と苦悩を隠さない。

この言葉を、我が国の母親たちは、そして法を守る立場の人はどう聞くだろうか――。

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング