映画『マイ・バック・ページ』初日舞台挨拶

投稿日: 2011年06月07日 00:00 JST

26日、都内で、映画『マイ・バック・ページ』の初日舞台挨拶が行われた。舞台挨拶には、俳優の妻夫木聡(30)、松山ケンイチ(26)、中村蒼(20)、女優の忽那汐里(18)らが登場した。本作は、学生運動が盛んだった1960年代後半から70年代前半を舞台に、若きジャーナリストと左翼学生の挫折や葛藤を描いた内容となっている。妻夫木は「この作品はじっくりとみんなで作り上げていった作品。1人でも多くの方にこの思いが伝わるよう、みなさんが口コミで広げてくれたら嬉しい」と挨拶した。松山は「今朝、犬の散歩をしているときに雨が降っていたので、あきらめて来ない人もいるんじゃないかと思っていたのに、たくさんの方が来てくれて嬉しく思います」と感謝の気持ちを伝えた。同作よ同様に葛藤と挫折に関して問われた妻夫木は「芸能界にあこがれはあったが、ものすごく役者をやりたいと思っていたわけじゃなくて。だから、この世界をナメていた部分もあった。いざ(演技を)やってみると、何もできなくて悔しい思いをした」と振りかえりながら語った。松山も「16歳で上京したが、20歳くらいまではバイトの日々で、悩みや葛藤があった」と苦労した事を明らかにした。(撮影:加治屋誠)

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング