'13年大河は、綾瀬はるかの〝闘う女〟

投稿日: 2011年06月28日 00:00 JST

女優の綾瀬はるか(26)が2013年のNHK大河ドラマ『八重の桜』に主演することが決まり、22日、同局で発表会が行われた。綾瀬は、同志社大学を創設した新島襄の妻で、キリスト教の伝道と教育活動に努めた新島八重を演じる。戊辰戦争の落日に会津・鶴ヶ城に500人の女性と立てこもり、銃を持って闘ったとされる姿が『幕末のジャンヌ・ダルク』と讃えられ、明治維新後は時代をリードするハンサムウーマンと称される女性である。今まであまりスポットライトが当たらなかった人物を、綾瀬が鮮明に描いていく。大河主演のプレッシャーを感じてはいたものの、相談は家族にしかしなかったようで、自身の判断でオファーを受けたそうだ。綾瀬は「私でいいのかなって不安はある。けれど、雨に濡れている女性に傘を差し出す八重さんの姿が目撃されているというのを聞いて、未来ある女性を大切に思う生き様を、一生懸命演じたいと思った」。意気込みを語った。脚本は、連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』を執筆した山本むつみで、「頑固で型破りなところがある女性で、綾瀬さんが演じることでより魅力的になると思います」と期待を込めた。(撮影:河崎文雄)

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング