親娘で彩る〝命をつなぐ〟物語

投稿日: 2011年07月12日 00:00 JST

5日、都内で、英ドキュメンタリー映画『ライフ-いのちをつなぐ物語-』の完成披露試写会が行われた。試写会には日本版のナレーションを務めた歌舞伎俳優の松本幸四郎(68)娘で女優の松たか子(34)がマイケル・ガントン監督(53歳)、マーサ・ホームズ監督(50歳)と共に登場した。同作は、イギリスのBBCが、4年の歳月を費やして製作した本作は、製作費約35億円をかけて動物たちの命の営みを記録したネイチャードキュメンタリーとなっている。松は「動物は与えられた特性で生き切っていて、学ぶところが大きい」と感動を語った。松本は「生命をつなぐ物語に、娘とかかわることができてうれしい」と笑顔であった。ホームズ監督は、松本と松親子について「この作品にピッタリ。親子で案内役をするのは日本版が初めてですが、最初のトーンを聞いてパーフェクトだと思いました」二人のナレーションを絶賛した。これに対して松は「光栄です。とても嬉しい」と答え、松本は「大変嬉しいですし、今のこういう状況でみなさんと試写会を迎えられ、自分がナレーションをつとめることができたのは本当にありがたいこと」と答えた。(撮影:高田太郎)

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

俳優の実力見せたB1A4ジニョン 今後の活動について激白2018.01.30

今回のK☆STAR LOVERSのゲストは、ソロでは初登場となるB1A4のジニョン。日本の地上波でも放送され、話題を呼んだドラマ『雲が描いた月明り』で時代劇に初挑戦。最旬スター、パク・ボゴムが演じる王...


ランキング