連日届く“どじょう”の差し入れに野田首相夫人がうんざり

投稿日: 2011年11月24日 00:00 JST

前代未聞のどじょう演説で、総理の座に就いた野田佳彦首相(54)。まさに、どじょうさまさまかと思いきや、実際はそうでもなかったようだ。

「どじょう演説のイメージが強烈だったせいか、就任直後から、首相官邸や議員会館にどじょうの差し入れが殺到しているんです。多いときは1日1キロも送られてくることもあるそうです」(民主党関係者)

食用のどじょうも大量に送られてくるため、野田首相はひんぱんに公邸にお持ち帰りし、夫人の仁美さん(48)らと一緒に食べていたという。味付けの濃いものが好きな野田首相はどじょうの蒲焼きをお気に召したようだが、仁美さんはすでにキレぎみだ。

「最初からどじょうの蒲焼きを嫌っていたわけではないようですが、持ち帰る頻度が多いために、飽きてしまったのかもしれません。夫人は『毎日のようにどじょうの蒲焼きなんて、もういや。うんざりだわ!』と、不満爆発みたいです」(前出・別の民主党関係者)

家族からダメ出しされたどじょうの蒲焼きは、野田首相が官邸のスタッフたちに配っているという。

仁美さんの反応に、“どじょう総理”の気持ちは、蒲焼のように、ほろ苦いものだろう。

(女性自身11月22日号)

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング