ダイヤモンド☆ユカイ「睾丸を切って、精巣に針を刺した」

投稿日: 2011年11月24日 00:00 JST

11月1日に双子の男の子が誕生し、昨年2月に生まれた新菜ちゃん(1)に続き、3児のパパとなったダイヤモンド☆ユカイ(49)。7月発売の著書『タネナシ。』で告白した“無精子症”を乗り越えた、その喜びと感動を振り返った。

「『残念ながら無精子症です』と医師から聞かされたときは、大ショックだよ。むかし関係のあった女性から『あなたの子供ができた』と結婚を迫られたことがあったけど、あれは嘘だったのかよとか、避妊しなきゃよかったなぁなんて、不謹慎なことばかり頭に浮かんだね」

では、なぜ無精子症のユカイがパパになることができたのか。夫妻の不妊治療を担当した、セントマザー産婦人科医院の田中温院長は「『無精子症』には2種類あります。1つは精巣で精子が作られていない『非閉塞性無精子症』。もう1つは精子が作られているにもかかわらず、精管が詰まっている『閉塞性無精子症』です。ユカイさんは後者でした」と解説する。つまり彼には、不妊治療しだいで子供を授かる可能性が残されていたのだ。

だが、治療には苦痛が伴ったという。「検査は、睾丸を切って、精巣に直接、針を刺して精子を取る。中学生くらいだったら逃げちゃったかもしれないね。だけど、不妊治療は妻のほうが大変なんだよ。ホルモン注射を1週間くらい打ち続けなきゃいけないし、卵を取り出すのが、すごく痛いらしい。でも、妻は何も言わなかった。我慢している姿が痛々しかった」とユカイは語る。

不妊治療は2度の失敗を繰り返すも、夫婦はそれを乗り越えた。昨年の3回目の治療で女の子を授かり、そして今回、4回目の不妊治療の成果で、今度は双子の男の子が誕生したのだ。

「帝王切開の立会いだから、目の前でお腹を切るのが怖かったよ。双子のボーイズが出てきたときは、女性って宇宙人じゃないかってくらい、感動した。長男『頼音(ライオン)はジャイアンみたいな性格じゃないかな。次男『匠音(ショーン)はクールな2枚目風。妻も俺も、お互い涙を流したね……」

ファミリーの新しいステージは始まったばかりだ。

(女性自身11月22日)

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング