東尾理子 1回約60万円の体外受精、4回目の排卵挑戦を

投稿日: 2011年11月29日 00:00 JST

今年6月に夫である石田純一(57)と不妊治療専門の病院へ通うことを公表した東尾理子(36)。あれから約6カ月、夫・石田純一(57)と体外受精にチャレンジ中という彼女に、奮闘の日々を語ってもらった。

「子供をつくろうとは、結婚前から2人で話していました。婚約中から自然にまかせていたのにずっとできなかったので、私の方から婦人科の病院へ行きたいと主人に言ったのです。主人も同意してくれ、一緒に通うことにしました」

検査の結果、東尾には特に問題はなく、石田も年齢相応に大丈夫なことがわかった。最初は排卵時期を教えてもらうタイミング法、次に人工授精を試したが成功には至らなかった。そこで今年6月に専門病院に移り、体外受精を始めた。

「排卵誘発剤や抑制剤などの注射は、自分で家ですることにしました。本当に注射の毎日。注射は主人にもやってもらいましたが、『もう!』なんて言って手元が震えて怪しいし……。お互いビクビクしながらやっていました(笑)」

しかしその治療法は、経済的にも(体外受精は1回約60万円)肉体的にも負担がかかったという。彼女は自分にあった別の方法を選ぼうと、病院を変えた。「4回目の排卵になると思います」と語った挑戦は、見事胚盤胞にまで成長。今は凍結され安全に保管されているという。

決して平たんな道のりではなかった治療の日々。彼女がここまで前向きで居られる理由とは?

「自分でコントロールできないことで悩むのはもったいない。今の時間を大切にしなきゃいけないと思うようにしているんです。子どもがいなくても私たちの人生はマイナスにならない。私は、今を楽しんでいますよ」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング