橋下新大阪市長 “伏魔殿改革” ヤメ検の顧問弁護士顧問料

投稿日: 2011年12月22日 23:00 JST

現在、大阪市の顧問弁護士は、元最高検察庁検事総長の土肥孝治氏と、元大阪高検検事長の逢坂貞夫氏が務めている。ともに検事から弁護士となった『ヤメ検』といわれる弁護士だが、その顧問弁護士について疑問の声が上がっている。

ほとんど仕事をしていないにもかかわらず、顧問料として月に15万〜20万円の顧問料が支払われているというのだ。自身も弁護士で、大阪で市民オンブズマンとしても活動している、井上善雄氏はこう話す。

「仕事という仕事をしていないのに、これほど高い顧問料を得ていることは珍しいことです。また、もと検事総長が顧問になっているということは、大阪市を訴える市民団体に対して“にらみ”を利かせている、と見られてもおかしくはありません」

この点について確認をすべく、土肥孝治法律事務所に問い合わせたところ、『取材はお断りしたい。具体的な話をする必要はない』と取りつくしまもなく電話を切られてしまった。さらに井上弁護士は、逢坂弁護士についてもうひとつの“問題”を指摘する。

「逢坂弁護士は、大阪市の入札業者でもある西松建設の取締役も兼ねています。その意味で、たいへん“不適切”な方だと思います」

西松建設といえば、かつてOBが代表を務める政治団体を通じ、大物政治家に違法献金が行われたと報じられたこともある企業だ。この件について、逢坂貞夫法律事務所にも取材したのだが『本人不在のため、わかる人がいません』との回答だった。

有力な支援者は厚遇でもてなし、職員への天下り先を確保、そして、“反対勢力”とみなした相手には、無言の圧力をかける―——。これこそ、大阪市が“伏魔殿”と呼ばれるゆえんなのだろうか。新市長には、ぜひとも“大掃除”を期待したいところだ。

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング