今までの平清盛はウソ 最新の研究で描かれたNHK大河

投稿日: 2011年12月29日 00:00 JST

主役の平清盛役に松山ケンイチ(26)を配し、豪華キャストで’12月1月8日スタートするNHK大河ドラマ『平清盛』(日曜20時〜)。このドラマはこれまでの平清盛像とは違い、後年明らかとなった真の平清盛の姿を忠実に描いているという。

「これまで平清盛というと、驕る平家は久しからずの代表で、常に悪人として日本人の心に焼き付いてきました。その原因は貴族の世を終わらせたために、公家から憎まれ、源氏のかたきとして鎌倉時代以降の武家からも嫌われ、後世の書物で常に悪人として描かれてきたことが大きい」
 
そう話すのは、『平清盛 栄華と衰退の謎48』(学研M文庫刊)の著者で、歴史作家の中江克己さん。’80年代以降、歴史家の間でこうした清盛像に対する見直しが始まり、本当の姿が徐々に明らかになってきたという。中江さんは清盛の功績として以下の3つを上げる。

【1】平安時代に貴族から権力を奪い、鎌倉時代の武士の世に橋渡しした革命家だった

【2】海賊を退治、自ら中国(当時は宋)と盛んに貿易。国内に銅銭を普及させるなど、経済的能力に長けていた

【3】神戸港の礎を築き、音戸の瀬戸を開削するなど、後世に残る土木事業

「白河法皇の御落胤説には異論もありますが、瀬戸内の海賊鎮圧から、大規模な土木事業を行った人心掌握力や行動力。そして保元・平治の乱とたび重なる戦で常に勝ち組にいた情報収集力など、人知を越えた能力をもっていたことはたしかですね」

【関連記事】
・<a href="http://jisin.jp/news/2536/3890/">松山ケンイチ 大河で花見呼びかけるも「参加共演者は1人」</a>
・<a href="http://jisin.jp/news/2535/3855/">松山ケンイチ 絶不調の『大河』に「小雪との夫婦共演」計画</a>
・<a href="http://jisin.jp/news/2534/3792/">松山ケンイチ 松ケン大忙し「今旅行している場合じゃない」</a>
・<a href="http://jisin.jp/news/2528/3563/">大河「平清盛」視聴率低迷で松山ケンイチ「現場で無言に……」</a>
・<a href="http://jisin.jp/news/2500/2717/">松山ケンイチ 小雪妊娠!?妻といたわりの「乗馬トレ」</a>
・<a href="http://jisin.jp/news/2492/2511/">NHK大河ドラマ『平清盛』男性キャスト発表会</a>

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング