「周りに悩み、葛藤。 の死」

投稿日: 2012年01月31日 00:00 JST

1月24日、都内で、映画『生きてるものはいないのか』のプレミア試写会が行われた。舞台挨拶には、染谷将太(19)、石井岳龍監督(54)ら総勢15名が登場した。

本作は、怪しい都市伝説がささやかれる大学で登場人物たちの奇怪な最期の瞬間が次々と描き出されたものとなっている。

染谷は「周りで次々と人が死んでいくのは味わったことのない感覚でした」と話し、撮影については「リハーサルで歩いているときに人が死んでいくという場面で、僕はラストシーンに向けて行かなくちゃいけないんだけど、監督に『助けないのか?』と言われて葛藤を味わいました」と振り返った。

15人がステージにズラリと顔をそろえたが、撮影は各パートごとに行われたため、主要キャストが集結するのは初めてで、石井監督はオーディションで選んだが「厳しい条件の中で、セリフの多い難しい芝居ができる方ということで、適材適所で個性を見定めました」と誇らしげに話した。

また、「生きてることを感じる瞬間」について尋ねられた染谷は「ご飯食べてる時とか、人と接している時です」と答えるとMCから「演技をしている時は?」と振られると「いっぱいいっぱいです」と答え、笑いを誘った。(撮影:小山伸正)

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“韓国で最も有名な日本人”KangNam「日本と韓国の架け橋に!」2018.04.17

今回のK☆STAR LOVERSのゲストは、“韓国で最も有名な日本人”として日本のバラエティ番組でも活躍する歌手KangNam(カンナム・31)。 この日は、ネプチューンの名倉潤と、河本準一(次長課...


ランキング