「ペットのフンから放射性物質が漂ってくる」と専門家

投稿日: 2012年01月29日 00:00 JST

「除染したつもりでも、見落としているものは意外にあります。普段、洗ったり、埃を落としていないモノ。たとえば、ベビーカーや自転車、三輪車。子供のランドセルやリュック。土や芝生の上を転がる、サッカーや野球やテニスのボール。また車では、チャイルドシートやシートカバーなど、家の中をもう一度見つめ直したほうがいいでしょう」

そう語るのは、日本放射線安全管理学会セシウム対策委員長の西澤邦秀・名古屋大学名誉教授。除染という言葉が浸透してきた今でも、家庭内にはまだホットスポットが残っている可能性があるという。

西澤教授はそれらの除染策として、洗濯機で洗えるものは二度洗い。ボールなどは洗剤を使い丸洗い。丸洗いできないものはお掃除用粘着テープで埃を取った後に掃除機をかけ、最後に水拭きすると効果的だと語る。

また、放射線環境地学を専門とする琉球大学の古川雅英教授は、それら以外に「家庭内ホットスポット」として“意外なモノ”を挙げた。

「ペットのフンも要注意なんです。特に小鳥のエサは、人の食べ物のように明確な基準値がなく野方図状態。放射性物質に汚染されている危険性があります。そのエサを食べた小鳥の糞に含まれた放射性物質が、室内に漂いかねません」

さらに、ペットの犬や猫も要注意だと警鐘を鳴らす。

「室内で飼っている犬も外を散歩しますし、猫はもっと自由に家と外を行き来する。そんなペットに防護服を着せたり、帰ってきたとき毎回シャンプーをしたりするのは難しいかもしれませんが、放射性物質を室内に持ち込む恐れがあることは認識しておくべきでしょう」

【関連記事】
・<a href="http://jisin.jp/news/2524/3411/">「除染士」に転身した女性が涙で語った“覚悟”</a>
・<a href="http://jisin.jp/news/2524/3409/">都内在住Aさん「マイカーから4倍の放射線量が検出」</a>
・<a href="http://jisin.jp/news/2524/3408/">我が子の靴ひもが“ホットスポット”に</a>

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング