『余命1ヶ月の被災犬』ごん太の病状が急変

投稿日: 2012年02月02日 00:00 JST

昨年の4月15日に、福島第1原発から約9キロ離れた浪江町の住宅街で救助されたごん太。その体は悪性リンパ腫に侵され医師から「余命1ヶ月」と診断されたものの、その後も元気に生き続け福島復興のシンボル犬となった。しかし、今年になり病状が急変したという。

「昨年末、急激に腫瘍が肥大化し、数も一気に増えたんです。薬の量を調節して、なんとか持ち直したんですが、今年に入って、下痢や嘔吐を繰り返してます。あれほど食いしん坊だったのに、最近はドックフードをほとんど食べなくて。ごはんは以前の5分の1程度しか食べません」

動物ボランティアの玉田久美子さん(33)は、雪のなか、ごん太を散歩させながら、そう言って目を伏せた。ごん太は報道をきっかけに飼い主と再会を果たし、現在はもう1頭の被災した老犬と共に、玉田さんが福島県伊達市内のマンションで看病を続けている。

「最近、ごんちゃんは朝、部屋でうんちを漏らしてしまうことも。それだけ体調が悪いんだと思う。掃除をしていると、本当に申し訳なさそうな顔をする。『ごめんなさい』っていうごんちゃんの声が聞こえてきそうでした。私には、それがまたかわいそうで……」

現在、ごん太の内蔵に負担のかかる抗癌剤の投与は休止中。整腸剤など、緩和ケアのみの治療が続けられている。主治医の大橋敏獣医師はこう語る。

「アゴの下以外に、前胸部、脇下、それに肋骨のあたりにもしこりができています。表層だけでなく内部にもある可能性がある。過去、何頭もリンパ腫の犬を診ました。多くは1〜3カ月の間にしこりで顔の形が変わってしまったり、呼吸がおかしくなって息をひきとる。その点、ごん太さんは最初の宣告からもう7カ月。いま、こうしていられることすら奇跡。それぐらいごん太さんは、けなげに頑張ってます」

玉田さんが世話する犬たちの犬舎の隣は桃畑だ。いま、玉田さんのもとに集まる地元のボランティアたちはみな「春になったら、一緒に桃の花を見ようね」とごん太に言葉をかけている。

原発事故で様変わりしてしまった福島。それでもまた今年の春も、桃は花を咲かせるだろう。その下を歩くごん太——そんな奇跡を、誰もが願っている。

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング