35歳独身女性が自宅にひきこもって”発酵鍋”食べる理由

投稿日: 2012年02月02日 00:00 JST

いま、『塩麹』をはじめとする発酵食品が日本全国で大ブーム!有名人でも藤原紀香(40)や平子理沙(40)、上野樹里(25)、釈由美子(33)などが”発酵女子”の代表格だ。多くの女性がいま発酵食品にハマるのは、美味しさに加えて美容・健康効果が高いことが理由のようだ。

「20代のときは徹夜や朝まで遊んでも平気でしたが、年齢とともに辛くなってきて、無茶をした翌朝は目尻にシワができていたり、ほうれい線が消えなくなっていたり……。そんなときに発酵茶と出合ったのが、発酵生活を始めるきっかけでした」

そう話すのは、東京都在住の市川彩香さん(35・独身・フリーライター)。彼女が発酵生活の虜になったのは、台湾で購入したプーアル茶やウーロン茶といった発酵茶が、自分の体調を改善してくれたことだった。

「朝は飲むヨーグルトに韓国のホンチョ(紅酢)を入れて飲みます。冷蔵庫に常備しているのは、飲むヨーグルト・チーズ・納豆・味噌・醤油・酢など発酵食品ばかり。近ごろでは、塩の代わりになんでも塩麹を入れるようになりました」

ファストフードもやめ、発酵自炊生活を始めてそろそろ2年の彼女は、なんと5キロも体重が減ったという。お通じがよくなったせいでお腹回りもスッキリし、肌までキレイになったと実感しているそうだ。

「最近は寒い日が続くので、味噌・豆板醤・XO醤・コチュジャンなどの発酵調味料を使った”発酵鍋”をほぼ毎晩作って食べています(笑)。でも、発酵食品で自炊が基本になってしまったので家から出ないんです。周りから”発酵ひきこもり”と言われるようになってしまい、正直、モテなくなりました(苦笑)」

それでも、「発酵食品は人生になくてはならないもの」というほどハマっていると市川さんは言う。その効果、あなたも試してみては?

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング