研ナオコ 忍者の里の巫女役に喜ぶも「おばあさん役」

投稿日: 2012年02月02日 00:00 JST

『日光江戸村25周年記念』作品として製作された映画『忍道—SHINOBIDO—』。主人公の女忍者・お甲(佐津川愛美)を見守る里の中心人物の巫女を演じているのは、研ナオコ(58)だ。

「お話をいただいたときは『ヤッターッ!』ってよろこびましたが、台本を見たらおばあさん役でした(笑)。でも、声をかけていただいたことは本当にうれしいです」

と語る彼女。重要な役の巫女だったが、セリフは使い慣れない言葉ばかり。彼女は共演者の足を引っ張らないようにと、懸命に役作りにのぞんだという。

「私は、残念ながら殺陣のシーンはないのですが、主役の愛美ちゃんをはじめ、みなさん合宿して真剣に練習されていました。最後にはまるでひとつのチームのような一体感もありましたね」

映画には日光江戸村のスタッフも出ており、迫力ある立ち回りシーンを生み出しているという。この日、ニナ・リッチの衣装に身を包み、変わらないスリムな体形で現れた彼女は、最後にこう語った。

「忍者は、日本文化のひとつとして興味深い存在ですから、海外でも楽しんでもらえる作品だと思います。派手なアクションだけではなく、きちんと人間が描かれています。今度は、ぜひ私も殺陣をやりたいんですけどね(笑)」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング