富士山噴火 雨が降ったら被害額は2兆円

投稿日: 2012年02月07日 00:00 JST

東日本大震災と相前後して、日本列島では活発な火山活動が続いている。なかでも、もっとも注意すべき活火山が富士山だ。300年ぶりの噴火——―それが現実となりつつあるのだ。

「M6.5以上の地震は30年くらい前から、火山の場合は35年くらい前から兆候が現れます。兆候というのは中小規模の通常地震が明らかに増加することです。地震は兆候が現れた年の30年後+-3年。火山の場合は同じく35年後+-4年。私の計算では遅くとも’15年には富士山が噴火します」

こんなショッキングな予測をするのは、琉球大学の木村政昭名誉教授(71)。富士山周辺の過去の地震回数は’76年、’83年、’96年がほかの年に比べて突出して多い。木村氏はこの’76年を最初の兆候が現れた年と捉える。つまり’76年の35年後が’11年であり、そこに誤差の4年を加えた’15年を富士山噴火の”Xデー”としたのだ。

同じ噴火でも北か南か、風の向きと強さや天気によって被害は大きく異なる。’04年に作成されたハザードマップによれば、西風の強い冬に発生したと想定した場合、ガラス質の火山灰が静岡、神奈川、東京、埼玉、千葉、茨城まで及び、横浜で160ミリ、東京都心でも10〜40ミリ降り積もると予測。交通機関のマヒなどにより、被害総額は1兆5千万円、雨なら最悪2兆円を突破するとされている。

「富士山はもう活動期に入っています。噴火の最盛期になれば、首都圏の経済的被害は東日本大震災を凌駕します」(木村氏)

(週刊FLASH2月21日号)

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング