年2億円豪遊してたデザイナーがガンになって考えたこと

投稿日: 2012年02月19日 00:00 JST

「ガンになった人は、退院してもたいがい痩せたままみたいなんやけど、僕は体形も体重も元に戻りつつある」

そう語るのは、広告・出版デザイナーの草分け・長友啓典氏(72)。'10年4月に食道ガンが見つかり、13時間の大手術を経験。しかし3週間で退院し今また第一線で活躍している。そんな長友氏が、闘病と半生を綴ったエッセイ『死なない練習』(講談社)を出版。ユーモアたっぷりの闘病記だ。

'69年にデザイナー・黒田征太郎氏とともに会社を立ち上げたころ、世は高度成長真っ只中。大口受注がひっきりなしだったという。

「夜は銀座で遊興三昧。黒田と2人で最高、年間2億円も飲食代に使った。ずっと『うまいもの食べて、うまい酒飲んで』ってな生活を40年やから『ガンになった』と言っても、誰からも『ああ、やっぱり』てな具合でな。おかげで最初はビビって絶望した僕も『まあ、なってしまったもんは、しゃあないやんか』と開き直れたんです』

振り返れば闘病生活は苦しいより笑って話せることのほうが多かった。術後、体中につけられた管が日に日に1本ずつ抜けていくと、健康体に戻っていく変化を「まるで自分が早送り映像になったみたいで」"お楽しみ"になったという。食事に関しても、

「最初はたまごボーロひとつで体中にエネルギーが充満するのがわかった。前はまったく意識しなかったことに感動する。この歳にして毎食『ごちそうさま』と心から思うようになりました」

ガンとのつきあいは「とにかく明るく考えることが大事」と綴っている。「もしダンナががんになっても、深刻になって同情するよりふだんどおりに振る舞うこと。自分がなってしまっても『まあ、ええやないか』『なんとかなる』といつも繰り返すこと。やっぱり『病は気から』なんですわ」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング