「大河女優」場外バトル 檀れいが松田聖子に「演技ヘタすぎ」

投稿日: 2012年02月21日 00:00 JST

「檀さんの扱いに、スタッフは困り果てています。彼女は宝塚出身のため、演技、踊り、歌唱力のすべてにおいて自分がいちばんだと自負しているようなんです」(制作スタッフ)

視聴率がいまひとつ伸び悩んでいるNHK大河ドラマ『平清盛』。今月12日放送回では13.3%という最低視聴率を記録したが、さらに現場の空気を凍りつかせているのが“大河女優たちの場外バトル”だという。

豪華女優陣が共演するなか、檀れい(40)が演じるのは、“災いを呼ぶ姫”璋子。夫である鳥羽上皇の祖父・白河法皇(伊東四郎)と禁断の関係を結んでしまう“魔性の美女”という役どころだ。その白河法皇が寵愛する祇園女御を演じたのが松田聖子(49)。檀は、ドラマさながらに、大先輩の聖子へ熱いライバル意識を燃やしているようだ。

「現場での聖子さんは、まさにVIP待遇ですね。スケジュールはまず聖子さんありきで組まれます。この特別扱いが檀さんには不愉快だったようです。宝塚娘役トップだったプライドもあって、聖子さんが自分よりもはるかに厚遇されていることに我慢ならないのでしょう」(制作スタッフ)

通常、現場に入ると後輩から楽屋挨拶に伺うもの。だが、檀は自分から挨拶に行かないという。そして、檀は陰で聖子のことを“上から目線”でこう酷評していた……。

「聖子さんの演技を見て、『所作や声の出し方がまったくなっていませんが……。あれでも練習したんですかね』と陰でダメ出しをしていたそうです。一連の態度を受け、さすがに聖子さんも『みんなで創っていくはずの作品なのに、協力しない人もいるんですね』と番組宣伝に協力しない檀さんへの皮肉を口にしていましたよ」(前出・制作スタッフ)

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング