天皇陛下 心臓バイパス手術医「雅子さまの実父も執刀していた」

投稿日: 2012年02月21日 00:00 JST

「天皇陛下の冠動脈バイパス手術は本日11時1分に執刀開始し、3時間56分後の14時57分に終了いたしました」

2月18日、金澤一郎皇室医務主管は記者たちにそう発表した。天皇陛下の手術は’03年の前立腺がんの手術以来9年ぶりだが、”天皇陛下の心臓手術”は史上初のこと。手術終了後に会見に臨んだ医師団からは、ICU(集中治療室)での天皇陛下のご様子も明らかにされた。手術中、美智子さま、黒田清子さんは別室でお待ちになっていたという。

前立腺がんの際は、検査結果の発表から手術までの期間が3週間あったが、今回はわずか1週間。また東大病院に順天堂大学の医療チームがきて行う、まさに”異例ずくめ”の手術だった。執刀医に選ばれたのも、現在バイパス手術に関しては世界一の実力を持つともいわれているが、”東大閥”とは縁もゆかりもない順天堂大学の天野篤教授だ。

「東大医学部出身者が多い虎の門病院や三井記念病院も、バイパス手術の症例数は、それなりにあるのですが今回は選ばれませんでした。金澤一郎皇室医務主管もそうですが、東大医学部出身としてはかなりショックな出来事です」(東大病院関係者)

”陛下の手術は日本一のバイパス手術のスペシャリストにお願いしたい”と、美智子さまが訴えられていたこともあり、その願いが日本医学界の派閥力学よりも優先されたというのだ。そんな天野教授の抜擢については、皇太子ご夫妻に近い人物も驚いたという。

「奇縁という言葉が適切かはわかりませんが、雅子さまのお父さま、小和田恒さんは’09年12月、77歳で順天堂大学医学部附属順天堂医院に入院して心臓のバイパス手術を受けました。その手術を担当したのが天野教授だと聞いています。雅子さまの実父である小和田さんと、義父である陛下が、同じ医師によるバイパス手術を受けたことになります」

当時、本誌も順天堂病院に見舞いのために通う小和田優美子さんや、退院する小和田恒氏の姿を報じている。そして2月16日、陛下の無事を祈るための皇居の記帳スペースには、かつて同じ手術を経験した小和田氏と妻・優美子さん2人の姿があった――。

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング