震災から1年…「余命1カ月の被災犬」ごん太が死去

投稿日: 2012年03月08日 00:00 JST

福島第1原発の事故から1カ月後、浪江町で保護された犬のごん太は、悪性リンパ腫に侵され、医師からは「余命1ヶ月」と診断されていた。しかし、ごん太は奇跡的に生き続け、飼い主とも再会し、福島の”復興のシンボル犬”として多くの被災者に力を与えてきた。

だが2月26日の深夜。ボランティアの玉田久美子さん(33)に看取られて、ごん太は静かに息を引き取っていた。最後の瞬間、残りわずかな体力をふり絞るように、シッポを1回振って……。

「玉田さんに礼が言いたかったんだな」と話すのは、もともとの飼い主で、現在も避難生活を続けている石沢茂さん(74)。玉田さんも「頭のいい律儀なコ。大切に育ててくれた石沢さんにすごく感謝していたはず」と語った。

ごん太が旅立った3日後。降りしきる雪の中、石沢さん一家が玉田さんのもとを訪れた。到着してすぐ、息子の佳弥さん(43)は骨壺に向かって手を合わせる。妻・昭子さん(71)は愛しそうに遺影をなでた。しかし、茂さんは、なかなか近寄ろうとしない。ふうっと息を1つ吐いて、やっと骨壺の前に座ると、目にいっぱい涙を浮かべながら言った。

「心の中で礼を言ってたんだ。この1年、あいつのがんばってる姿を見て、本当に力をもらったから。それにあのたくさんの花……。ごん太が、あんなに周りの人たちに愛されてたんだって驚いた。人の和の大切さを改めて教えてもらった気がして。ありがとな、ごん太」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング