爆笑問題・田中「試験日を1日間違える凡ミスで浪人」の赤面過去

投稿日: 2012年03月09日 00:00 JST

「早稲田の受験日前夜、僕は友達に『明日の待ち合わせどうする?』と電話したんです。すると友達が『受験終わったし、何して遊ぼうか』と。『明日受験しないの?』と聞くと、しばらく間があった後、『そういえば田中、お前、今日の入試来てた?』と。そう、僕は試験日を1日勘違いしていたんです。その瞬間、僕の浪人生活が決定しました」

コントのようなまさかのミスをしでかした爆笑問題の田中裕二(47)。電話を切り、慌てて母に報告した田中だったが……。

「うちの母は、『何やってんの(笑)』と。泣きもせず、深刻にもならず、悲壮感は全然ありませんでした。あまりに予想外の失敗で僕自身、『これはおもしろい!』と友達に話したくてしょうがなかったですね(笑)』

浪人中も田中の母は、おっとりマイペースだった。『勉強しなさい』『何がなんでも合格しなさい』と厳しく言うことは、いっさいなかったそうだ。そのおかげで、7校全滅だったがプレッシャーを感じることは全くなかったという。母の絶妙な距離感が、息子の才能を伸ばしていたようだ。田中はこう語る。

「高校生以上になると、子どもに母親が『勉強しろ』と言ってもマイナスこそあれ、成功することは皆無だと思いますね。勉強しようと思う子は自発的にやっています。勉強しない子は、ちょっと放っておくぐらいがいいと思います。だからといって僕、1浪してますます勉強しなくなったんですけどね(笑)」

その後、アナウンサー志望だった田中は日大の放送学科を受けるも不合格。唯一、合格したのが日大の芸術学部演劇学科。芝居に興味がなかった田中だが、一応通うことに。そこで、田中の人生の相方となる太田光(46)と運命の出会いを果たす。

「これは1浪してよかったと思えること。人生、何が起きるかわかりません。もし、現役で早稲田の教育学部に合格していたら、今ごろ、世界史の高校教師になっていたと思いますね。太田との出会いもなく、この世に『爆笑問題』は生まれていないですよね」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング