押尾学 「みんな嘘つき…」拘置所の中で“恨みノート”書き綴る

投稿日: 2012年03月13日 00:00 JST

‘09年8月2日。この日の夜を堺に押尾学の人生は、すべてが暗転した。あれから955日。その主張は届かぬまま、彼は今月、刑務所に収監される。3年半ともいう獄中生活。近づくその時を目前に、彼は「自分の思いをそのまま伝えること」を条件に本誌の取材に応じてくれた。

「真実と違うことが、法廷でもまかり通っていくことは、本当に許せなかった。自分を貫き通したかったけれど、その声はまったく無視されて、ドラマのシーンのように、あっさりと裁かれてしまった。これには、正直押しつぶされそうになりました」

収監を前に、『すべてを受け入れよう』と覚悟を決めたという押尾。だがこうした心境にいたるまでには、長い苦悩の日々があった。逮捕後に手のひらをかえすように離れていった人間、彼を追い続けたマスコミ、そして警察や検察に対する思いを彼は綴っていた――。

「拘置所の中では、自殺することばかり考えていました。弁護士の先生にA4の大学ノートを差し入れてもらい友達への恨みなんかを、ただひたすら書いて……。たちの悪い遺書ですね。ノートにはいまもずっと書き続けています。これだけは、思っていることを嘘泣く書いていこうと」

しかし、受け入れていく覚悟ができてからは、書き込む内容も変わっていったという。

「いいも悪いも、すべて受け入れて……ここは耐えて生きていこう、と考えるようになったんです。ノートにも恨みの言葉は減りました。息子にあてた思い、両親への感謝の言葉とかテーマ別になっているんですが、もう何十冊にもなっていますね。子供には自分がどう思って生きてきたのか、伝えたいと思っています」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング