宇宙好き藤原竜也「国を挙げて宇宙開発に力を入れれば…」

投稿日: 2012年03月27日 00:00 JST

3月22日、東海東京証券で、映画『おかえり、はやぶさ』の展示イベントのオープニングセレモニーが行われ、主演を務めた藤原竜也(29)、本木克英監督(48)が出席した。

展示会は宇宙の魅力を多くの子供に伝えるために開催。期間中、映画で使用した実物大の『はやぶさ』模型、小道具、レプリカなどが展示され、JAXA関係者による子どものための宇宙教室も行われる。

藤原は「はやぶさを描いた作品に出させてもらえて非常に嬉しいです。1歩前進できるような良い作品を多くの子供達に届けられるように、これからももっと宣伝していきたいと思っています。多くの子ども達に見て欲しい」と同映画をPR。また、もともと宇宙が大好きだといい「国を挙げて宇宙開発に力を入れたら、楽しくやっていけるのでは。技術を世界に発信して、国民を元気づけてほしい」とエールを送った。

一方、本木監督は「JAXAの先生方は本当に謙虚で、しかし自分たちのお仕事に誇りを持っていらっしゃる。そんな皆さんから、少ない予算と人員だけれども、1番を目指さないと、これからの日本の科学技術の未来はないと思っていることを自分は感じ取ったので、それをメッセージとして込めました」と思いを語った。(撮影:小山伸正)



この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

俳優の実力見せたB1A4ジニョン 今後の活動について激白2018.01.30

今回のK☆STAR LOVERSのゲストは、ソロでは初登場となるB1A4のジニョン。日本の地上波でも放送され、話題を呼んだドラマ『雲が描いた月明り』で時代劇に初挑戦。最旬スター、パク・ボゴムが演じる王...


ランキング