国分佐智子 三平との披露宴直前に祖母が亡くなっていた

投稿日: 2012年03月27日 00:00 JST

3月22日で結婚1周年を迎えた林家三平(41)と国分佐智子(35)夫妻。今年2月に東京・根岸の実家から10メートルと離れていないところに家を建てたものの、国分は昼食時になると必ず実家に戻り、嫁姑が一緒にご飯を食べているという。母・海老名香葉子さん(78)のもとで”噺家の嫁”として修行の日々を送っているが……。

その2人を3月20日春分の日、東京郊外の寺院で目撃した。花束を手に誰かのお墓参りに来た様子。寺院から出てきた2人に直接話を聞くことができた。「どなたのお墓参りに来られたのですか?」という本誌の問いに、三平が国分を気遣うように、こう話し始めた。

「実は、国分家のおばあちゃんのお墓参りに来たんです。亡くなったとき、僕は仕事で(葬儀に)出席できなくて……。それで今日はそのお詫びと、これからも見守ってくださいとお願いに来たんです」

三平の隣でうなずいていた国分は、しんみりとした様子でこう続けた。

「亡くなったのは去年の夏でした。楽しみにしていた披露宴にも間に合いませんでした。だから『私は幸せに暮らしています、安心して』と報告して、手を合わせてきたんですよ」

2人が入籍後、帝国ホテルで結婚式を行ったのは昨年10月。その直前に大切な人を失っていたということになる。披露宴でも幸せに溢れた国分の様子は、そんなことを微塵も感じさせないものだった。三平夫妻の知人はこう言う。

「亡くなられたのは昨年7月、83歳だったと聞いています。彼女は一緒にコンサートに行ったり、部屋におばあちゃんが描いた絵を飾るほど”大のおばあちゃん好き”でしたから。挙式3カ月前の悲劇には、とてもショックを受けていました。しかし『おめでたい席に水を差すのは……』と、身内以外には報告しなかったといいます」

ようやく”祖母の死”を伝えることができた国分は、ほっとした様子だった。

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング