太田光 母が語った「主人は最期まで光を気にかけて…」

投稿日: 2012年03月27日 00:00 JST

「皆様へ。3月21日。私の父、太田三郎が死去いたしました。社交的で人を笑わせることが好きな父でした……」

父の死の2日後、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光(46)はこうコメントした。父・三郎さんは3月19日に埼玉県内の病院で死去。死因は急性循環不全、享年83だった。太田は仕事のため父の最期を看取ることはできなかったという。埼玉県内にある太田の実家を訪ねると、彼の母が対応してくれた。

「最初に主人が入院してから1年半にわたる闘病生活でしたが、光は暇を見つけては見舞いに来てくれていました。主人はすでに意識はありませんでしたから、最後の言葉はありませんでした。でもたった一人の息子ですから、やっぱり、光のことは最後まで気にかけていたと思います」

本業のお笑い以外にも、小説を書くなど多才な面を見せている太田。父の三郎さんも建築士の仕事のほかにも、多芸だったそうだ。

「焼き肉チェーン店の『叙々苑』の、最初に六本木にできた店舗を設計したのは主人なんです。書道にも打ち込んでいて、『叙々苑』の看板の文字も主人が書いたものなんです。若いころは趣味で小説を書いたりしていましたし、落語が大好きな人でした」

文学とお笑いに興味があるというところなど、2人は”似た者父子”だったようだ。太田の母は最後に、三郎さんのこだわりでつけられたという息子の名前『光』の由来についてこうは話してくれた。

「英語の”ライト”つまり正しいという意味と、明るいという意味を重ねて、ライトという名前にしたかったようなのです。でも、漫才のコロムビア・トップ・ライトさんがいたので、同じ名前は避けて『光』にしたのです。息子にも光り輝いてほしいという意味も込めてね」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

俳優の実力見せたB1A4ジニョン 今後の活動について激白2018.01.30

今回のK☆STAR LOVERSのゲストは、ソロでは初登場となるB1A4のジニョン。日本の地上波でも放送され、話題を呼んだドラマ『雲が描いた月明り』で時代劇に初挑戦。最旬スター、パク・ボゴムが演じる王...


ランキング