福島住民を締め出す「バリケード封鎖計画」が極秘進行中

投稿日: 2012年04月03日 00:00 JST

3月30日、政府はこれまでの福島第一原発から20キロ圏内の「警戒区域」と放射線量が高い「計画的避難区域」を新たな3つの避難区域に再編することを発表した。

「新たな基準となったのは原発からの距離ではなく、その地域の実際の放射線量です。年間50ミリシーベルトを超える『帰宅困難区域』、20~50ミリシーベルトの『居住制限区域』、20ミリシーベルト以下の『避難指示介助準備区域』の3つにわけられます」(復興庁関係者)

帰還困難区域になると、居住どころか立ち入り自体も禁止となる。そんななか、本誌は政府が作成した「帰還困難区域」の予定地図を入手した。地図には、福島第一原発から北西の方向に黒い線が引かれ、福島県の一部地域がその線で囲われていた。

「これは復興庁が作成した地図です。年間の放射線量が50ミリシーベルトを超えると予想される『帰還困難区域』は立ち入り禁止にするというもので、住民が黒い線で囲われた区域に入れないように、バリケードで封鎖するための計画図なのです」(前出・復興庁関係)

封鎖線の全長は88キロにも及ぶ。今回、取材したところ、バリケード封鎖される地区の住民たちの中にも、地図の存在を知らない人も。政府は地域住民たちに知らせることなくバリケード封鎖を画策しているのか。そして封鎖は、いつから実施されるのだろうか。

「地元から同じ町会や集落内にラインが引かれて引き裂かれるケースなど、問題点が噴出しています。そのため、復興庁と地方自治体との議論が進んでいません。政府としては5月中に封鎖区域を決定したいのですが、どうなるかわかりません」(前出・復興庁関係者)

実際、バリケードの写真を見たことがあるという建設業者は、絶対に匿名を条件に本誌の取材にこう答えた。「鉄製みたいで、2メートル以上ありそうなかなり大きなものでしたね。色は青かったと思います。建設現場にあるパネルのような感じがしました」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング