しずちゃん「ボクサー生命危機」報道にトレーナー怒りの反論

投稿日: 2012年04月17日 00:00 JST

「なんで今ごろ、あんなでたらめの記事を書くのか。そもそも脳に影があると言われたのは2年も前のことです。『週刊朝日』には正式に抗議して今後一切、取材を受けないと通知しました」と、怒り心頭なのは、南海キャンディーズの山崎静代(33)のボクシングトレーナー・梅津正彦さん(43)だ。

怒りの矛先は4月10日発売『週刊朝日』の、『しずちゃん、MRI検査で脳に影』と題された記事。《脳内に水だけではなく、血が混ざっていた可能性があり、ボクサー生命の危機》という衝撃的な内容を報じたものだった。

「たしかに2年前、当時の診断で影のようなものはありました。そこですぐに激しい練習は4カ月間休ませました。その後、大学病院で再検査をしたところ、影は全部消えていました。ボクシングを続けることに関しても、医師の許可をもらっていますし、その件は、アマ連盟の主治医にも報告ずみです」

梅津さん自身、メラノーマ(悪性皮膚癌)に侵され、闘病中の身でもある。2月に摘出手術を受けたばかりだが、生命の危険さえある自分の体調より、愛弟子のことが心配で仕方ないようだ。

「僕にとって大事なのは、しずのファンや吉本興業さん、いや誰よりもまず、彼女のご両親に、しずを健康体のままお返しすることです。それがトレーナーを引き受けた僕の義務です。オリンピック出場権を得ることよりも大事なことなんです」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング