吉田栄作 脳裏に刻みつく記憶「小倉さんが燃えて煙臭ぇ…」

投稿日: 2012年04月29日 00:00 JST

不朽の名作映画『ローマの休日』の舞台版が、大阪と東京で再演される。舞台版では新聞記者がシナリオライターに、報道カメラマンがスチールカメラマンに置き替えられ、それぞれを吉田栄作(43)、小倉久寛(57)が扮する。菊田一夫演劇賞を受賞した2年前の初演(東京公演)では、千秋楽でのハプニングが吉田栄作の記憶に鮮明に残っている。

「小倉さんが、演技で吸った煙草を消すとき、火種をズボンの裾の折り返しに落としてしまって。それでも気づかず芝居を続けていたんです。僕は見えてなかったんですが、『なんか煙臭ぇな』と不審に思っていました。すると、最前列のお客さんが『小倉さん、ズボンの裾! 燃えてる!』って小声で叫んでる。それで大ごとにならずにすんだんです」

あわや! という局面を切り抜け、カーテンコールを終えて戻った矢先、マネージャーが飛んできて、「再演の打診があったけど、どうする?」と聞かれた吉田。

「そりゃ、うれしかった。でも、まだ汗すら拭いてないんだから、考える余裕なんてないですよ。ただ、舞台用の特注した電動スクーター『ベスパ』も、『真実の口』のセットも、これで処分じゃもったいない。だからとりあえず『YES……かも』って答えました(笑)」

登場人物は3人だけというシンプルな舞台だが、今回、アン王女は荘田由紀(29)と秋元才加(23)のダブルキャスト。吉田にとっては2人とも初共演だ。

「映画でもグレゴリー・ペックとエディ・アルバートの息の合ったコンビに、新人のオードリー・ヘプバーンが加わったそうです。映画みたいな初々しいリアリティを表現できるかなって、期待してるんですよ。大先輩の小倉さんは、初日に合わせてセリフを頭に入れ、役柄の気持ちを作り上げてくる。まさに尊敬すべき舞台人です」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング