スギちゃん「心臓病で大手術を…」母が語った”ワイルド過去”

投稿日: 2012年05月23日 00:00 JST

「ワイルドだろう?」の決め台詞で大ブレイク中のお笑い芸人・スギちゃん(38)。芸人生活18年。鳴かず飛ばずだったスギちゃんが、新春特番『新春爆笑レッドカーペット』(フジテレビ系)でレッドカーペット賞を受賞。3月の『R-1ぐらんぷり』では準優勝に輝き、ここに来て見事に花開いた。実はスギちゃんの母・百合子さん(70)と父・健さん(72)も、「まじかるタケシとチャイナ百合子」として28年間も舞台に立っていた夫婦マジシャンだった。母の百合子さんは、スギちゃんの子どものころをこう振り返る。

「ワイルドでもなんでもない、普通の子。でも、思いやりのある子でした。貧乏なうちの家計を気にしてか、『お母さん、そのうち俺が食わしたるから。待っててや』といつも言ってくれて……。その気持ちだけでもう可愛くてね」

男3人兄弟の末っ子だったスギちゃん。真面目だった兄たちとは対照的に、目立つことが好きだったという。子供のころは、野球少年だった。ところが小学3年生の終わりにかけて、生死にかかわる大手術を受けることになる。

「心臓に穴が開いているのがわかって、名古屋市内の病院に入院したんです。お医者さんから『このままだと、40歳ぐらいで亡くなります』と言われて……。それで手術を決意しました。1ケ月ぐらいの入院ですむはずが、肝機能まで悪くなって。結局、退院するのに5カ月もかかりました」

無事手術を終え、成長していったスギちゃん。高校卒業後は2年間、結婚式場で働いた後、芸人の道を歩き始めるも、それから18年間まったく売れない時代が続く。百合子さんは「あんた、いつまでやるの? と何回言ったことか」と苦笑する。そのたび息子は「待っといてや」と言い続けた。そんな苦労の末にR-1で準優勝を飾ったあと、百合子さんが電話するとスギちゃんは泣いていたという。

そして5月13日の母の日、スギちゃんから宅配便が届いた。中身は、ボディーシャンプーや乳液などの美容セット。18年間「待っといてや」と言い続けてきた、スギちゃんの初めての恩返しだった――。

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング