戸田恵子 被災地での無料上映熱望「常に作品は準備しています」

投稿日: 2012年05月29日 00:00 JST

5月24日、都内で、子供のための映画祭『キンダー・フィルム・フェスティバル』の記者発表会が行われ、実行委員長の戸田恵子(54)、広報大使の中山秀征(44)内田恭子(35)らが出席した。

同映画祭は、子どもたちの夢を育む映画祭として、ベルリン国際映画祭児童映画部門の協力を得て1992年にスタート。20周年を迎えた今年は、東京・調布市グリーンホールで5日間開催される。

日本の子供に対する映画環境について、戸田は「日本はまだまだ遅れていることに気づかされました。アニメ映画は豊富だけれど、子供のための実写映画が少ない。まずは『子供のための映画祭』の大切さをたくさんの方に知ってほしい」と熱く語った。さらに「被災地にも行って、無料で見てもらいたい。常に持って行ける作品は準備しています」と被災地での上映に意欲をみせた。

また、同映画祭は、上映作品の吹き替えを生で行う。初めて吹き替えを行った中山は「これほど嫌な汗をかいたことはありません。隠し芸がなくなった昨今、こんなに練習したことはないというぐらい練習しました」と語り、「今日は何点?」と尋ねられると、「リハーサルの1回目を見てほしかった」と答え、笑いを誘った。(撮影:小山伸正)

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング